画期的なED治療薬の誕生

【3つの特徴が男性の夜をサポート】
2007年に国内では処方がスタートしたシアリス。
日本での処方開始前から既に海外では販売が行われており、今までにない特徴をもったED治療薬ということもあって、非常に人気が高い薬となっていました。
市場の40%以上の売り上げを占めていた時期もあるくらいです。
この勃起不全を治療できる薬の特徴をまとめると、次のようになっています。
◎最大の持続時間が36時間
◎約800Kcalまでなら、食前・後を問わず、服用可能
◎副作用が30%まで抑えられている
他の同じ系統の薬を飲んだことがある人はわかると思いますが、この特徴のどれもが他にはないものとなっています。
先ずは持続時間から見ていきましょう。

【驚異の持続性】
従来までのED治療薬は、最大でもレビトラの10時間とされてきました。
しかしシアリスは最大36時間、約1日半もの間、持続してくれるのでお互いの好きな時にSEXを楽しむことが出来ます。
また、「効き目が切れないかな…」といった変な不安もなくなるので、焦ることなく心に余裕をもてます。
なので長い効き目が、男性の精神面もサポートしてくれます。

【従来までは空腹服用が常識】
本来、ED治療薬は空腹でなければ「十分に効果が発揮されないこと」や「効き目を失うこと」につながっていました。
この服用条件は普通に考えて難しいですよね。
食事の管理はもちろんですが、今日SEXするかまで予測できないはずです。
またデートで食事を楽しむことも出来ません。
ですが、シアリスは約800Kcalまでの食事なら問題なしとしています。
これによって2人の時間を楽しむことが可能になり、男性も負担に感じることが減りました。

【ほとんどの人に副作用は起こっていた?!】
勃起不全の改善は、血管を拡げることにあります。
理由は血液で満たされないと勃起状態に至らないからです。
なので血管が拡張されることによって血行が促進されるので、次のような症状が起こっていました。
・ほてり
・紅潮
・頭痛
これらは90%の人に見られていたので仕方の無いことでした。
しかし、これを30%にまで抑えられまし。
不快感を感じていたり、相手に服用を隠している人は特に嬉しい点となったはずです。
これから勃起不全の治療を考えている人はこの画期的な薬がオススメです。

シアリスの通販の方法について確認する